違法とされるオンラインカジノの実態

違法との声が高まっている現状

インターネット上には違法とされるコンテンツも稀に目にすることができます。
その一つがオンラインカジノとなっており、検索サイトから調べてみると違法といった言葉もよく目に留まるのではないでしょうか。
なぜオンラインカジノが違法と言われているのかというと、やはりギャンブルが行えるというコンテンツであることから、日本の刑法に抵触してしまうことが最たる理由です。
また、昨年2016年においてはただ利用しただけの人が逮捕されたという事件も発生し、その数カ月後には運営団体が摘発されたこともありましたので、こうした事件を皮切りに違法との見方が強まることになったのです。

本当に違法なのか

ですが何もオンラインカジノは昨日今日生まれたコンテンツというわけでもなく、比較的古くから世界中で運営されていたもので、日本からの利用者も先で述べた逮捕者以外にも多くの人数が存在している中、なぜ急に逮捕となり違法との声が強まったのでしょうか、少々不思議に感じる部分です。
実は逮捕されたケースの以前までは、オンラインカジノの利用は違法とは見られていませんでした。
その理由として、日本の法律による賭博の定義にオンラインカジノは当てはまらない存在となっており、賭博罪を適用することができないからです。
あくまでギャンブルはギャンブルですので、違法ではないからやっていいというわけにもいきませんが、とりあえずはオンラインカジノを利用することに関して罰せられる根拠はないと言えるでしょう。
また、現在においても賭博罪について改正があったというわけでもなく、昔のまま変わっていませんのでオンラインカジノは今でも違法とは言えない存在です。

司法の判断

ではなぜ逮捕に至ったのかがわからないところですが、当局の発表によれば問題となったオンラインカジノが日本語で利用できる環境となっており、日本人に向けて賭博が行われていたことが明らかで、それを利用したものがいたためとされています。
ですがあまり知られていないのが、その後の裁判において不起訴となったケースがあり、つまりは法律に照らし合わせると裁判では違法とは判断できないことが明らかになったわけです。
これがオンラインカジノの現状となっていますが、違法とはならないからといって、また今後には逮捕されるケースが発生しないとは言い切れませんので、現在オンラインカジノを利用している方、これから利用してみたいという方には注意が必要となるでしょう。
逮捕に至った背景には、SNSでギャンブルの利用を公言しまったという点もあることから、もしオンラインカジノを利用するにしてもこうした行為は避けることをおすすめします。