違法?合法?オンラインカジノの実態

違法?合法?オンラインカジノの実態

「オンラインカジノは違法」との声が高まっている現状

インターネット上には違法とされるコンテンツも稀に目にすることができます。
その一つがオンラインカジノとなっており、検索サイトから調べてみると違法といった言葉もよく目に留まるのではないでしょうか。
なぜオンラインカジノが違法と言われているのかというと、やはりギャンブルが行えるというコンテンツであることから、日本の刑法に抵触してしまうことが最たる理由です。
また、昨年2016年においてはただ利用しただけの人が逮捕されたという事件も発生し、その数カ月後には運営団体が摘発されたこともありましたので、こうした事件を皮切りに違法との見方が強まることになったのです。

オンラインカジノは本当に違法なのか?

オンラインカジノは本当に違法なのか?

ですが何もオンラインカジノは昨日今日生まれたコンテンツというわけでもなく、比較的古くから世界中で運営されていたもので、日本からの利用者も先で述べた逮捕者以外にも多くの人数が存在している中、なぜ急に逮捕となり違法との声が強まったのでしょうか、少々不思議に感じる部分です。
実は逮捕されたケースの以前までは、オンラインカジノの利用は違法とは見られていませんでした。
その理由として、日本の法律による賭博の定義にオンラインカジノは当てはまらない存在となっており、賭博罪を適用することができないからです。
あくまでギャンブルはギャンブルですので、違法ではないからやっていいというわけにもいきませんが、とりあえずはオンラインカジノを利用することに関して罰せられる根拠はないと言えるでしょう。
また、現在においても賭博罪について改正があったというわけでもなく、昔のまま変わっていませんのでオンラインカジノは今でも違法とは言えない存在です。

司法におけるオンラインカジノの判断とは

ではなぜ逮捕に至ったのかがわからないところですが、当局の発表によれば問題となったオンラインカジノが日本語で利用できる環境となっており、日本人に向けて賭博が行われていたことが明らかで、それを利用したものがいたためとされています。
ですがあまり知られていないのが、その後の裁判において不起訴となったケースがあり、つまりは法律に照らし合わせると裁判では違法とは判断できないことが明らかになったわけです。
これがオンラインカジノの現状となっていますが、違法とはならないからといって、また今後には逮捕されるケースが発生しないとは言い切れませんので、現在オンラインカジノを利用している方、これから利用してみたいという方には注意が必要となるでしょう。
逮捕に至った背景には、SNSでギャンブルの利用を公言しまったという点もあることから、もしオンラインカジノを利用するにしてもこうした行為は避けることをおすすめします。

カジノ法案が成立。日本のオンラインカジノも変わる?

このように日本におけるオンラインカジノの立ち位置が非常にあやふやなものとなっている理由は、日本にオンラインカジノを裁く法律がないからです。日本におけるギャンブルは賭博法により違法となっています。有名人のスポーツ賭博や違法カジノ店の摘発などがよくニュースになっていますが、それらは賭博法によるものです。

しかしこの賭博法は、あくまで日本国内にのみ適用されるものです。たとえば日本人がマカオやラスベガスにいってカジノやスポーツ賭博を行っても犯罪ではありません。それは、マカオやラスベガスではギャンブルが合法とされているからです。

このことをふまえて、オンラインカジノのことを考えてみてください。
オンラインカジノをプレイしているのはたしかに日本ですが、オンラインカジノを経営しているのは海外の、ギャンブルが合法とされている国です。「日本からプレイしているのだから犯罪だ」という考え方も、「日本からはただ操作をしているだけにすぎず、ギャンブルは海外で行われている」という考え方もあります。どちらも間違いではありませんよね。

カジノ法案成立し、カジノ関連の法整備が注目されています。ともすれば、オンラインカジノへの言及もあるかもしれません。明確に合法となるか、はたまた違法となるか?注目が集まります。

日本において合法であるギャンブルたち

オンラインカジノの法律性は未だグレーであり、曖昧な状態です。
では、日本において合法であるギャンブルとはなんなのでしょうか。

日本において、明確に合法であるギャンブルは以下の4つです。

・競馬
・競輪
・競艇
・オートレース

これらは公営賭博と呼ばれており、政府が指定した地方公共団体が運営しているので明確に合法です。また、これらにプラスして宝くじも公営ギャンブルだという考え方もあります。宝くじは年齡を問わず誰でも買うことができるなど性質は異なりますが、広い意味で考えればギャンブルといえるからです。これらのギャンブルにおける収益はすべて国庫納付金として政府に納められます。

さて、ではパチンコやパチスロはどうなのかと疑問に思いませんか。
実のところ、パチンコやパチスロもオンラインカジノと同じく法律的にはグレーの存在です。

パチンコやパチスロは、その営業自体は法的に認められているものの、換金行為は認められていません。
しかし、パチンコをしたことがある方ならご存じの通り、パチンコやパチスロで出た玉やコインを景品と交換し、その景品を換金所にて現金と交換するといういわゆる三店方式が用いられています。
この方式でいうと建前上はパチンコと換金所は無関係であるために、規制から逃れているのです。